2022.07.16  

美術・工芸品の展示会

催し物

2階では、18日まで、竹下賢一さんによる「美術&工芸 2022展」が開催されています。

コロナ禍で、会期が延期され、3年ぶりの展示会になります。

これまで美のある暮らしをコンセプトに、じつに13回もの展示会を開催していただきました。
そして、今年は、日々造形にかかわる中で誕生したご自身の「美術と工芸」の作品80点を、紹介されています。

暖かな作品に囲まれながら、美術、工芸そして、プライベートにいたるまで、沢山お話をうかがえました。会館のお仕事をさせていただくなか、うかがうお話の中に、ヒントや答えをいただく事ができました。
多くの作品は、日常で必要なもの(例えば、お子さんの机や、椅子、玩具など)を作ることからスタートされたそうです。

三人のお子さんがモデルさんです



2006年に開かれた第1回目の展示会は、ドローイング展で「一枚も売れなかったよ」と笑いながらお話くださいました。

〇歳の自画像


展示された80点は、どれも思い入れや、歴史がある作品ばかり。それぞれにエピソードがあり、会場では、直接お話をうががえます。
フロンガス排出が問題になっている今、丁寧に作られたものを大切に使う時代が、戻りつつあります。
プラスチックは自然社会で一番遠い存在と仰った言葉が、印象に残っています。自分にできることから第一歩ですね。

お正月飾りも自然素材。藁に左によりをかけることが難儀




竹下さんは、上田のご出身。農民美術の作家さんであったお父様の書籍を執筆中です。



2022.07.16  

写真展

催し物

18日まで、奥の2階では、GASHA雅舎さんによる「なないろのあかり展」が開催されています。

当館で、海の日に写心絵展を毎年開いていただき、今年で7回目を迎えました。

7回に、ちなんで、タイトルも「なないろ」に決められたそうです。
プリンターの開発のお仕事をされていた雅舎さん。毎年その技術で、新しい作品にチャレンジされています。
今年は、なんと着物地です。特別の大きなプリンターを使い、少し距離をとって、インクジェットを直角に飛ばすそうです。
シルクならではの光沢もあり、映された「あかり」が美しい。

この作品は、数年前、友禅作家の米山さん(本年5月に展示会開催)と、当館での展示会会期が重なっての出会いから、意気投合し、誕生したそうです。
明日は、米山さんも京都からかけつけて下さるそうです。こんなお話を伺えて、会館スタッフの冥利につきます。
会場入口には、ウエルカムランプ。そして、雅舎さんらしいお部屋の雰囲気もあわせてお楽しみください。



2022.07.16  

藍と麻の展示会

催し物

市内に店舗をお持ちのまつぼっくりさんによる、蔵シック館特別展「藍と麻」が、18日まで開催されています。

当館での展示会は、4回目を迎えました。コロナ前以来の特別展です!
藍染の洋服をはじめ、小物など、10名の作家さんの作品を紹介されています。

お客様が色々試着され、会場は楽しい女子会の時間です。おしゃれのトークは、尽きないですね!

藍染は、目にも涼やかで、その上、抗菌力にも優れています。夏こそ身に着けたいですね。



2022.07.16  

チャイナ服の展示会

催し物

2階では、チャイナ服専門店「蘭の尚」さんによる展示会が、17日まで開催されています。


オーナーの梅蘭(メイラン)さんは、中国出身のデザイナーさんです。スタイリスト、モデルさんとしても活動されています。

チャイナ服というと、舞台衣装やユニフォームなどを思い浮かべる方が多いですが、実際は、もっとカジュアルで、デイリーに袖を通せるものだそうです。
綿や、麻素材も多く、デザインも豊富!そして、メンズや、子供服も紹介されています。
目をひいたものは、壁画をプリントしたものや、美しい刺繍を施したものです。

刺繍が美しい~


チャイナ服から、中国の歴史や文化を体感できます。そして、梅蘭さんは、洋服をきっかけに、中国の文化を日本で広めたい、中国をもっと知ってほしいという願いをお持ちです。
手持ちの服とのコーディネートや、その人に似合うデザインになるよう、プチオーダーも受けてもらえます。



2022.07.16  

シルバーアクセサリーの展示会

催し物

15日まで、彫金作家Himeさんによる「シルバーアクセサリーの展示会」が開催されています。


マスクのヒモが絡むことから、しばらくピアスの製作を控えていたHimeさんが
久しぶりにピアスの新作を紹介されています。
夏は髪をアップにする方も多いので、お気に入りのピアスをつけたくなりますね。

手前から、タボ貝、サッカーのカメオ、シルバー、糸魚川翡翠、トルコ石。タボ貝は、バロックパールに似ています。今は入手困難で、希少価値のある貝です。

新作のピアス


アクセサリーは、石の意味を理解して、お守りとして身につける方も多いですね。
気づくとうっかりおとしてしまっていることもあります。そんな時は「身代わりになってくれたのね。ありがとう」と感謝。
だからこそ「これ!」と感じたものに出会えたら、自分の一部のように大切にしたいですね。



2022.07.15  

手作りバッグの展示会【南青山バッグ工房】

催し物

今日から18日まで、お馴染み南青山バッグ工房さんの手作りバッグの展示会が開催されています。
今回の新作は、イタリアンレザーのスマホケースとチュールレースのとても軽いバッグ、持ち手が真ん中に一つのバッグは今都会で流行しているらしいです。
マスタード色のバッグもお洒落ですよね。
コルクのバッグは中のデザインもとても素敵です。